胃の効力

胃の効力

胃の行為

胃は、主に次の4つの就業を担ってます。

 

①食道から送られてきたディナーを一時的にためる。
規準、ディナーがが胃に到達してから、全てのメニューが十二指腸へ来るのに、パッキングにもよりますが約3暇から6暇程度の時間がかかります。

 

そこで、胃に送られてきたメニューを分別し、一時的に貯める事で、人体に必要な栄養をプライオリティー系に送り出します。

 

元気のもととなる炭水化物などの糖質は、素早く来るので、約2暇~3暇程度の時。

 

それで、肉や魚などの人体を創るのに必要な種ですタンパク質は、約1.5ダブル~倍程度の4暇位の時間がかかります。

 

その取り分け、脂肪分け前は一番暇がかかり、脂肪分を数多く取りすぎてしまうという、胃の行為を抑えられてしまい、胃がもたれてしまいます。

 

こういった一連の胃の経営は、自律心ってホルモンを通じてすり合わせされている結果、外敵の影響を受けやすいのです。

 

寝入る直前にディナーを胃に入れてしまうって、寝ている間も胃は休まずに動いてしまい、咀嚼が悪かったりメニューが残ってしまうなどの長所から、胸焼けなどの違和感を感じることが多いのです。

 

 

②胃の中で胃酸という合わせる。
胃の中では、強力な胃酸とペプシンが分泌されます。その咀嚼液とメニューを胃の中で合わせる事で、咀嚼しやすい状態に準備します。

 

 

③胃の中で一種咀嚼・吸収する。
胃の中で分泌された、強力な胃酸とペプシンってメニューが混ぜ合わされ、胃のぜん動作用にて、栄養分を人体に吸収がし易いドロドロの時点へという消化していきます。

 

その際に、お酒などのリカーやお薬などの原料は一種胃の粘膜を通じて吸収されます。

 

昔に、ディナーは可愛らしく噛んで食べなさいといった学んだ人間は多いと思います。

 

その理由は、メニューをすばらしく噛み砕くことによって、細くなるので咀嚼吸収がされやすくなります。

 

再度、メニューをしばしば噛むって胃酸の分泌が抑えられ胃酸過度になり辛く、胃に恐怖をかけ難くなります。

 

また、思い切り噛むため、唾液の分泌が伸長され、唾液に包まれるためメニューが咀嚼吸収されやすく上るという効果もあるのです。

 

 

④滅菌し、咀嚼吸収したメニューを十二指腸へ贈る。
食べた物には、雑菌が混じっています。そんな雑菌を胃酸にて滅菌することで、人体に吸収しても当たり前状態に決める。

 

強力な細菌が居た状態、人体において酷い異物って判断された場合は、人体が否定リアクションを起こして嘔吐する事で、異物を体外へといった排出する事で、コントロールします。

 

 

咀嚼のしくみ

1回のディナーで、胃液は約500mlから700ml分泌されます。胃液の中には、タンパク質などを分解するペプシンや、雑菌などを滅菌する塩酸、胃の粘膜を咀嚼液から続ける為の粘液などが含まれます。

 

また、胃酸に肉などを付けておくといった、解体され長時間後にはボロボロになってしまう。そんな状態になる胃酸が胃の中で分泌されていても、胃が大丈夫なのは、粘膜を続ける為に粘液をだしているからなのです。

 

こういう粘液が不足してしまうと、胃酸が自分の粘膜を攻撃してしまい荒れて仕舞うため、炎症を起こしたり、潰瘍を起こしてしまったり、ひどい状態になるとがんになってしまうのです。

 

パリエットTOP頁へ